2006年06月18日

京都行幸

初詣以来、半年ぶりの京都へ。

昨晩のワールドカップが熱戦だらけだったので起きられず、昼から出発…。

京阪五条駅から、東山・護国神社へ。
最寄りバス停「東山安井」から道を誤って、八坂さん近くまで降りてきてしまったのは内緒です。

ひとつめの目的は
「坂本竜馬」「中岡慎太郎」の墓。

護国神社まで、上り坂、兎に角歩く、歩く…。
運動不足のこのカラダには大変堪え、
汗をダラダラ流しながらなんとか歩く…。

そして、二人とご対面。

ryomashintaro.jpg
両氏の像、左が坂本竜馬、右が中岡慎太郎。

ryomashintatog.jpg
両氏の墓、左が坂本竜馬、右が中岡慎太郎。

受付で購入した線香(2本セットでした)を上げてきました。


その他、ここには幕末、明治の志士達の墓標が多数あり。

池田屋事件で命を落とした宮部鼎蔵、吉田稔麿…。
禁門の変の久坂玄瑞、来島又兵衛、寺島忠三郎、入江九一…。
天誅組の吉村寅太郎、那須信吾…。
幕末最高の軍略家・大村益次郎。
そして維新三傑の一人、桂小五郎。

ここは維新側の志士ばかりですが、
国を思い懸命に戦った彼らは、なぜそこまで…。
と、無為に日々を過ごす僕には羨ましくもあり…。

yasakato.jpg
竜馬、慎太郎の墓から、八坂の塔を望む。
posted by ユウ at 22:40| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速初コメント!!
幕末って私にとってもすごく魅力的な時代だな
なんていっても、今時のヤワな男の人とは違って、
勇敢でさ、ほんと男らしい
なにかに信念を持って生き抜くっていいよね
女だけど、私もそうでありたいです★
Posted by melo at 2006年06月19日 02:25
meloさま

さっそくのコメント、ありがとうございます。

日本の歴史の中で、
僕らと同世代の連中が中心となって時代を動かしたことはそうないんですよね。

帰って時間あったら後篇もアップします。
写真は少ないけど寧ろ心情的にはこちらがメインです。
Posted by ユウ at 2006年06月19日 12:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。