2006年12月05日

俺アカデミー賞 各賞発表

●俺アカデミー最優秀作品賞
フラガール
●俺アカデミー最優秀監督賞
李相日(「フラガール」)


「笑わせる」「泣かせる」(いや、涙は出ないんだけど…)「どきどきさせる」といった、どれか一つを深く深く感じさせるように作ってある映画が多い中、この『フラガール』はまさに感情を喜怒哀楽の前後左右に揺さぶられた、今年唯一の作品。昨年の「ALWAYS」といい、どうも懐古主義なのかなあ。


●俺アカデミー最優秀脚本賞
荻上直子(「かもめ食堂」)


言葉と言葉の「間」、沈黙の使い方が印象に残った。風景と音だけでいい場面もあるのだ。それによって、映画を観ている我々もその場にいるという気分に浸らせてくれる。


●俺アカデミー最優秀主演男優賞
藤原竜也(「デスノート」前編/後編)


「ゆれる」のオダギリジョーと最後まで悩んだ。藤原竜也を選んだ理由は、もう好みとしか言いようがない。甲乙付けがたかった。


●俺アカデミー最優秀主演女優賞
松雪泰子(「フラガール」)


美しさと強さ、弱さも見せてくれた松雪泰子を選んだ。ダントツでした。


●俺アカデミー最優秀助演男優賞
大沢たかお(「地下鉄に乗って」)


ある男の半生を具現化するという困難な役柄を演じきった。特に闇市での「アムール」の姿が好きだ。


●俺アカデミー最優秀助演女優賞
蒼井優(「フラガール」)


クライマックスのダンスと、あの笑顔だけでもう他に何を言えというのか。素晴らしかった。
posted by ユウ at 20:55| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

2006年俺アカデミー賞〜ノミネートリスト〜

・ノミネート条件
 2005年12月〜2006年12月までで、
 劇場で鑑賞した邦画作品。

●俺アカデミー最優秀作品賞
 ・THE 有頂天ホテル
 ・かもめ食堂
 ・ゆれる
 ・フラガール
 ・デスノート後編

●俺アカデミー最優秀監督賞
 ・三谷幸喜(THE 有頂天ホテル)
 ・荻上直子(かもめ食堂)
 ・西川美和(ゆれる)
 ・李相日(フラガール)
 ・金子修介(デスノート後編)

●俺アカデミー最優秀脚本賞
 ・三谷幸喜(THE 有頂天ホテル)
 ・荻上直子(かもめ食堂)
 ・西川美和(ゆれる)
 ・李相日/羽原大介(フラガール)
 ・大石哲也(デスノート後編)

●俺アカデミー最優秀主演男優賞
 ・役所広司(THE 有頂天ホテル)
 ・中井貴一(寝ずの番)
 ・藤原竜也(デスノート前編/後編)
 ・オダギリジョー(ゆれる)
 ・堤真一(地下鉄に乗って)


●俺アカデミー最優秀主演女優賞
 ・松たか子(THE 有頂天ホテル)
 ・小林聡美(かもめ食堂)
 ・中谷美紀(嫌われ松子の一生)
 ・松雪泰子(フラガール)
 ・岡本綾(地下鉄に乗って)

●俺アカデミー最優秀助演男優賞
 ・岸部一徳(寝ずの番/フラガール)
 ・松山ケンイチ(デスノート前編/後編)
 ・香川照之(ゆれる)
 ・大沢たかお(地下鉄に乗って)
 ・玉山鉄二(手紙)

●俺アカデミー最優秀助演女優賞
 ・戸田恵子(THE 有頂天ホテル)
 ・片桐はいり(かもめ食堂)
 ・蒼井優(フラガール)
 ・常盤貴子(地下鉄に乗って)
 ・戸田恵梨香(デスノート後編)


以上ノミネートです。
結果は後日。
posted by ユウ at 20:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

今年観た映画たち。

公開日順です。タイトルの後のアルファベットは評価。A良い←C→悪いE

2006/01 THE 有頂天ホテル A
2006/03 機動戦士ZガンダムV 星の鼓動は愛 C
    かもめ食堂 A
2006/04 寝ずの番 C
2006/05 間宮兄弟 D
    嫌われ松子の一生 B
2006/06 デスノート 前編 B
    ゆれる A
2006/09 フラガール A
    涙そうそう D
2006/10 地下鉄(メトロ)に乗って B
2006/11 デスノート 後編 A
    手紙 C




2006/01 オリバー・ツイスト E
2006/04 リバティーン C
    プロデューサーズ B
    V・フォー・ヴェンデッタ C
    トム・ヤム・クン! B
    グッドナイト&グッドラック C
2006/05 ゴール! A
    フーリガン A
2006/07 美しい人 D
    ジダン 神が愛した男 D
    パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト B
2006/08 キンキーブーツ A
2006/09 イルマーレ C
    レディ・イン・ザ・ウォーター C
2006/10 サンキュー・スモーキング B
    父親たちの星条旗 B
posted by ユウ at 22:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

恋愛映画は観られないと改めて悟った日

昨日のことです。

『イルマーレ』(at梅田ブルク7、評価:D)
キアヌ×サンドラで期待してたんですが…。
「涙もない言葉も出ないあっけない結末」とも言いませんが。
先が読めた段階であーもう無理って感じでした。

あと、内容とぜんっぜん関係ないけど、
遅れて来て前に座ったデブ男が、
身もかがめずに途中退出してまた帰ってくるわ、
寒かったのかなんか知らんけどぐわーーーーって音立てて腕伸ばしてシャツ着だすわ…最悪でした。


『レディ・イン・ザ・ウォーター』(atナビオTOHOプレックス、評価:C)
ラスト近くでかなり引き込まれたけど、これも環境がダメでした(´A`;

後ろのヤツはガンガン席蹴ってくるし(途中で中指立てたったけど直らず)、
両隣カップルで右側はもうわけわからんし(家で見ろバカタレ)、
左はぺちゃくちゃ喋ってジュース落としたり(ちょっとは申し訳なさそうにしろ)、
全然集中出来ませんでした。

月末から年明けまでシャレにならんぐらいバタバタしそうな予感なので、
一本の映画も無駄にしたくなかったのに…orz
来週は「サンキュースモーキング」で笑いに行きます。
あとなんかないかなあ…目指せ一日三本。
posted by ユウ at 21:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

フラガーーーール!!!ヽ(`・Д・´)ノ

見てきたーーー!

最近見た映画の中ではいちばん目に水溜まった…(つo;)

おもろかったっす。

でもやっぱりみんなとは泣き所違うみたいやけど…。



降りられない舞台かあ…。

おれにとっては何なんやろ。
posted by ユウ at 16:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

さらばハンマーパンチ…帰ってきてくれ(つoT)

dalio.jpg

ウルグアイ代表FWダリオ・シルバ選手(元ポーツマス、現在所属なし)が、
自動車事故で意識不明の重体となり、右足膝下を切断した模様…。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20060926-00000013-spnavi-spo.html

ケーブルテレビ導入後、
リーガ・エスパニョーラの中小クラブ「マラガ」での活躍、
特に上位いじめを得意とし、
倉敷さんの「ダァリオ・シルバァーーー!」という実況も懐かしく…。


未だ昏睡状態とのこと。
一日も早い回復を祈るばかりです。
posted by ユウ at 12:11| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

Wonderful Life

??§.jpg


詞:酒井ミキオ

グッと水を飲み干し 夕焼け雲見上げるのさ
今日も一日が終わって 街路樹の下を帰ろう

やることだらけで テンパって、無理をして、つまづいても
何か必ずつかんでるさ 気楽にいこうぜ

素晴らしい人生だから 自分を愛する勇気を持とう
新しいドア叩いて ひとつひとつ歩いてゆこう

街のざわめきの中 悲しい人たちを見たよ
ほんの些細なことで張り合って、時に争って…

だけど地球は回ってる 誰にでも陽は昇る
幸せを比べるなんて 意味がないんじゃない?

素晴らしい人生なのさ 君も僕もすべての人も
不器用でもカッコ悪くても たった一人の自分だから

昨日のミステイクから見えた 明日への道しるべ
変わらない毎日と嘆いても 無駄なんか何もない

素晴らしい人生だから 自分を愛する勇気を持とう
新しいドア叩いて ひとつひとつ歩いてゆこう

素晴らしい人生なのさ 君も僕もすべての人も
喜びと悲しみの意味 探しつづけてso just on my way


※アニメ「プラネテス」エンディングテーマ




----------------------------------------------------------------------



息してる間はウソでも何でも。
誰からも相手にされなくても。
posted by ユウ at 16:13| 大阪 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

La Belle Equipe

wada1.bmp


ダメならダメで。

もう何度見たかわからない「王様のレストラン」。
三谷幸喜のTVドラマ最高傑作、というより、
1クールものドラマの最高峰と言っても過言ではない。
最近の連ドラなんてこれに比べれば、いや、
比べるのもおこがましい。

写真は伊藤俊人さん。
夭逝されたのは本当に惜しまれる、素晴らしい役者さんでした。
シアター・ドラマシティの楽屋付近ですれ違ったときに少し会話を交わすことができました。
舞台での鬼気迫る演技と違い、とても物腰が柔らかで。
若輩の僕にも非常に礼儀正しく接して下さり、
感動したことを覚えています。

最後の頼みの綱、かな。
posted by ユウ at 02:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

世間虚仮

ad2ca0d3.gif

もう何基の聖帝十字陵を築いたことか…。

いい加減、無理やって諦めないとね。

俺はもう駄目です。
posted by ユウ at 12:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

魔力魅力無力。

僕の数少ない、
友人が傷ついて苦しんでいるのに
何も出来ない。
何かしてあげようと偉そうに考えてる自分が嫌になる。
必要とされてもないのに、お節介。
posted by ユウ at 20:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

衝撃。

visitors.jpg

ビジターズ Visitors
レーベル:Epic Records
商品番号:ESCB1324
発売日 :1984.05.21
価 格 :\2,854(税込)



1.コンプリケイション・シェイクダウン
2.トゥナイト
3.ワイルド・オン・ザ・ストリート
4.サンデー・モーニング・ブルー
5.ビジターズ
6.シェイム - 君を汚したのは誰
7.カム・シャイニング
8.ニュー・エイジ


曲数:8、時間:約42分という、フルアルバムという観点から見れば短い部類。

佐野元春。
1980年に「アンジェリーナ」でデビュー。
1981年「サムデイ」、1982年のアルバム『SOMEDAY』でオリコン4位に入るなど、注目を集める。
1983年、単身ニューヨークへ。その間、これまで発表した曲から選曲、編集したアルバム『No Damage』がアルバムチャートで1位を獲得している。並のアーティストなら日本にとんぼ返りして、やれプロモーションだやれテレビ出演だと行うものだが、どこ吹く風でこのアルバム『ビジターズ』を作っていた。今で言えばスキマスイッチやレミオロメンとかがアルバム1位になったのに、本人たちはサイババに会いにインドに行ってるようなものだ。

そしてこのアルバム。
「今までの佐野」しか知らなかった人はひっくり返ったと思う。
全く別人の曲と言ってもわからないかも。
特に「ビジターズ」「ニュー・エイジ」あたりは格好良すぎ。
20年以上も前にこんなアルバムが出ていたというのが信じられない。

僕は1992年の「約束の橋」(再リリース)から聴き始めたので、
アルバムの収集もかなりランダムになってしまった。
この『ビジターズ』は2004年の2月に『VISITORS 20th Anniversary Edition』として再販されたもの。オリジナルアルバムとしては一番最後に手に入れたものとなった。
posted by ユウ at 16:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

わ 我はひとり

終わりなき旅

作詞:桜井和寿


息を切らしてさ 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ
ただ未来だけを見据えながら 放つ願い

鉋みたいにね 命を削ってさ 情熱を灯しては
また光と影を連れて 進むんだ

大きな声で 声を枯らして 愛されたいと歌っているんだよ
ガキじゃあるまいし 自分に言い聞かすけど また答え探してしまう

閉ざされたドアの向こうに新しい何かが待っていて
きっときっとって僕を動かしてる
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしたい
もっと大きな筈の自分を探す 終わりなき旅

誰と話しても 誰かと過ごしても 寂しさは募るけど
どこかに自分を必要としてる人がいる

憂鬱な恋に胸が痛んで 愛されたいと泣いていたんだろう
心配ないぜ 時は無情なほどに 全てを洗い流してくれる

難しく考え出すと結局全てが嫌になって
そっとそっと逃げ出したくなるけど
高ければ高い壁の方が登ったとき気持ちいいもんな
まだ 限界だなんて 認めちゃいないさ

時代は混乱し続け その代償を探す
人は辻褄を合わすように 形に填ってく
誰の真似もすんな 君は君でいい
生きるためのレシピなんてない ないさ

息を切らしてさ 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ
ただ未来へと夢を乗せて

閉ざされたドアの向こうに新しい何かが待っていて
きっときっとって君を動かしてる
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしよう
もっと素晴らしい筈の自分を探して

胸に抱え込んだ迷いがプラスの力に変わるように
いつも 今日だって 僕らは動いてる
やな事ばかりでは無いさ さあ次の扉をノックしよう
もっと 大きな筈の自分を探す 終わりなき旅

終わりなき旅


---------------------------------------------------------------------

耳コピと遠い記憶なので違ってたら笑うな。
どっかのコピっても良かったんやけど(ダメです。無断転載です)。


最近聴いてなかったなあ…。
歌ってもないしカラオケも行ってないし。
カラオケ行ってもこの歌長いから歌いにくいし…。


なんだかね。
もう明らかにどん詰まりで。
どこ向かってんのかもよくわからんけど、
終わらんもんはしかたがないやね。
posted by ユウ at 02:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

movin' on

やばいなあ…。

閉塞感満載で突き進む暴走列車というか。
posted by ユウ at 19:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

梅田ピカデリーにて

最近本編の前にやってる(松竹系だけ?)

これ

よくわかんないですが、
これのおかげで「予告編が退屈すぎて寝る」ということがなくなってる気がします。

現にナビオTOHOプレックスでは寝てる時あるし。
posted by ユウ at 19:24| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

「それはガキの言うことだ」

休みだというのに、どこからも誰からも声がかからないユウですこんにちは、さようなら。
posted by ユウ at 22:56| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「飛脚はまだ来ませんか…?」

最近木村カエラを聴くと非常にイライラします。こんにちは。またのちほど。
posted by ユウ at 15:02| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

痛い…(背中とか)

今度いつ休めるやらわからねえぇぇぇぇ、
ということで、
久々の映画3連発!

朝の部:間宮兄弟
昼の部:フーリガン
夜の部:デスノート(前編)

つかれました…

しかし、外れはなしです!


いつになるかわかりませんが感想書けるといいなあ…


※激しく文字化けしていたので6/27修正。
posted by ユウ at 22:07| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

昨日の夜、「友の死」を観て

yamanami-2.jpg

涙を流すタイプではないのですが、
また心で泣いています。
もう何回目やろう…。
posted by ユウ at 16:05| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

京都行幸(その2)

前にこの辺りにきたときは、
冬やったし、人力車にも乗ったしで、
ずいぶん楽をしたんやなあ、と実感…。

護国神社から下り、霊山観音を見る。

ryouzenkannon.jpg
いい顔してますな。


ゆっくりと祇園を横目に四条河原町まで歩く。
途中で抹茶ソフトを食べたりしました。
ほうじ茶ソフトも捨てがたかったが。

阪急電車に乗り、四条大宮へ。


目的は、
新選組発足の地、壬生。

竜馬の墓に行ったときに、
「竜馬は新選組に切り込まれて…」と話していた人たちがいて、
「新選組かどうかわからんのになあ…」と思い。

まず、旧前川邸へ行くことに。
今は前川さんではなく、別の方が入られており、
玄関先のみ公開という形になっている。

前川邸を出たところで、

「にいちゃん、新選組好きか?」

と、初老の男性に呼び止められた。

その人とて、幕末に生きていたわけではない。
ただ、書物でしか知らなかったことより、
口伝のほうが絶対に面白い。
炎天下にもかかわらず、長々と興味深いお話しを聞かせていただいた。
暑い中引き留めてしまってごめんなさい。

そして、八木邸へ。
近藤勇、芹沢鴨らが京に来て最初に入った場所。
ガイド、お茶、お茶請け付きで1,000円と、
「ええ商売してるなあ」と思いつつ中へ。

ガイドさんの話は、
大河「新選組!」にも通じるところがあり、
「一応、ある程度は史実をカバーしてるんやな、三谷!」と。
鴨居の刀傷とかを見ると、
そこから「ほんとにいたんや…」と実感することができる。

終了後、
ほんとはあんこが食えないのだが、
ここはもう郷に入っては…ってことで、
「屯所餅」と「抹茶」をいただく。

ほとんどの場所が撮影禁止だったので、
こんなんを撮ってみました。
この携帯にこんな機能がついてるとは、と今更ながら。

tonshosepia.jpg
携帯の待ち受けになってます。


このあと、壬生寺にも足を運んだのですが、
「新選組隊士の墓」には時間切れで行けず。



「護国神社で志士の話をしながら、幕府の犬の新選組を云々…」
という向きもありますが、
「国を思う」という志は根っこでは同じだろうし、
志は低くとも、食い詰めた挙げ句属したのがどこであれ
間違いなく今の我々よりも生きるために必死だっただろうし。
彼ら一人一人の行動に、僕は敬意を表するッ!


----------------------------------------------------------------------


京都に行った時には、
必ず立ち寄るラーメン屋があるため、
阪急電車に乗ってもう一度四条河原町へ戻る。
久々だったので店の場所を若干忘れていた…。
が、無事に食べることができました。
やっぱり醤油ラーメンがいいなあ。
大阪にはないからなあ、こういう店。
posted by ユウ at 00:35| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

京都行幸

初詣以来、半年ぶりの京都へ。

昨晩のワールドカップが熱戦だらけだったので起きられず、昼から出発…。

京阪五条駅から、東山・護国神社へ。
最寄りバス停「東山安井」から道を誤って、八坂さん近くまで降りてきてしまったのは内緒です。

ひとつめの目的は
「坂本竜馬」「中岡慎太郎」の墓。

護国神社まで、上り坂、兎に角歩く、歩く…。
運動不足のこのカラダには大変堪え、
汗をダラダラ流しながらなんとか歩く…。

そして、二人とご対面。

ryomashintaro.jpg
両氏の像、左が坂本竜馬、右が中岡慎太郎。

ryomashintatog.jpg
両氏の墓、左が坂本竜馬、右が中岡慎太郎。

受付で購入した線香(2本セットでした)を上げてきました。


その他、ここには幕末、明治の志士達の墓標が多数あり。

池田屋事件で命を落とした宮部鼎蔵、吉田稔麿…。
禁門の変の久坂玄瑞、来島又兵衛、寺島忠三郎、入江九一…。
天誅組の吉村寅太郎、那須信吾…。
幕末最高の軍略家・大村益次郎。
そして維新三傑の一人、桂小五郎。

ここは維新側の志士ばかりですが、
国を思い懸命に戦った彼らは、なぜそこまで…。
と、無為に日々を過ごす僕には羨ましくもあり…。

yasakato.jpg
竜馬、慎太郎の墓から、八坂の塔を望む。
posted by ユウ at 22:40| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。